俺っちの日記 ~特にバスケ~

アカミの日常を日記にしました。特に大好きなバスケットの日記に力を入れます。でも、週1・2回しかバスケしてないので、残りの日は超個人的な事を書くつもりですが、どうかお付き合い下さい!!



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
 今日のブログは久しぶりにバスケット三昧でいこうと思います。

まずは個人的な話からです。先日ブログでもお話したリーグ戦の第二試

合目が行われました。今日は試合までにハプニングもなく無事に開始。


試合は終始、ウチのペース。

1Qで20-9とリードを奪うと2Qにウチのエースが爆発!!

4連続3Pを含め、ひとりで18点をたたき出し、

48-24と大きくリードを奪った。

その後、3Q途中にウチのスコアが60点に達したところでアカミを含め

メンバーチェンジ。後を託した。

結局、チームバランスの差を見せ付ける形となりその後もゲームを支配

最終的に 71-42 で勝利。見事2連勝!!


ちなみに・・・・・

アカミの個人成績です。

出場時間  27分間

得点    12得点

アシスト   7アシスト

リバウンド  3リバウンド

スティール  3スティール

自分としてはまぁまぁと行った所でしょうか?エースが絶好調で結局一人で38点を挙げたのでアカミは影からのサポートに徹することに。
7アシストはガードとしては合格点ではないでしょうか?


しかし今日本当にお伝えしたいのはこの後なんです。

そう、皆さんお待ちかねのあのコーナーが久々に復活です。

それは・・・

【NBAニュース】

いやー、やってきましたね、このコーナー。

今日はテレビでも放送されたNBAの試合をアカミの視点で勝手に振り返ってみようと思います。

では、注目の対戦カードを発表。

フィラデルフィア・76ers VS ワシントン・ウィザーズ

です。

では、早速試合を振り返ってみましょう。

〈1Q〉

1Qは両チームとも割と静かな立ち上がり。一進一退の攻防が続く。
そんな中、一歩抜け出したのは76ersだった。

そのきっかけを作ったのはエース・Gのアレン・アイバーソンである。
立て続けにシュートを沈め、流れを呼び込む。

結局、エースの活躍で1Qは 29-23 と、76ersが6点のリードを奪って終了した。

〈2Q〉

続いて2Q。相変わらずアイバーソンは好調。それに加えてインサイドの柱であるFのクリス・ウェバーが徐々に力を発揮。アイバーソンのパスを受けシュートを決めると、ゴール下でもファールをもらうなど存在感を発揮。流れは完全に76ersに傾くかと思われた。

しかし!

 その76ersに傾きかけた流れに待ったをかける選手が現れた。昨シーズンから大いに成長し、今やエースになりつつあるGのギルバート・アリーナスとタフなプレイが持ち味のF・アントワン・ジェイミソンの二人である。
 最近絶好調のアリーナスはドライブインからのレイアップやミドルシュートで、ジェイミソンもゴール下を中心に相手に押し負けない力強い攻撃でチームを盛り立てた。

こいつらの怒涛の追い上げで一時は二桁あった差が見る見る縮まり
前半が終わる時には 57-54 と、逆に点差を詰めて終えた。

 これは、NBAでも屈指の点取り屋・アイバーソンとバランスの取れたベテランFのクリス・ウェバーのこの日の調子を考えると素晴らしい!!
しかもアウェーという悪条件の中、前半3点差という均衡したゲームにまとめているところは評価すべきではないだろうか?

長くなってきたが、続いて後半にいきたいと思う。

〈3Q〉

 さて、3点差で迎えた3Q。このQに新たに台等したのは両フォワードだった。76ersではアンドレ・イグドーラが攻撃に積極的に参加。高いシュート率でチームに勢いをつける。
 一方、ウィザーズではカロン・バトラーが持ち味を出してきた。パワフルにリバウンドを取りまくり、相手の攻撃の目を積んでいく。ゴール下での驚異的な強さを発揮し、試合の流れをを呼び込んだ。
そして、このバトラーのリバウンドによって大きな流れを作ったウィザーズが、この試合ついにリードを奪い、その後、1時は7点の差をつける。

 しかし、3Q残り3分。ここからある男が再びウィザーズに立ちはだかった。 そう、

アイバーソン

である。

この日の彼はどうしようもない。その鋭いドライブは、相手にしりもちをつかせた。・・・・・・ありえねー!!
これを皮切に立て続けに得点を量産した。

結局、3Q終了時には 88-86 と再度リードを奪い返す。

この時点ですでにアイバーソンは36得点。ハッキリ言って素晴らしいの一言である。しかし、その影にクリス・ウェーバの活躍があったことを忘れてはならない。地味ではあるがスクリーンやここ一番でのシュートは彼が決めている。アイバーソンも自分が得点を取りつつもウェバーを信頼しパスに切り替えるなど76ersのチームとしてのまとまりを感じた。


 いよいよ残すは最終Qのみである。大分皆さん疲れて飽きてしまったであろうが、ここまで来たらどうか最後までお付き合い願いたい。

〈4Q〉

迎えた最終Q。点差はわずか2点。どちらが勝ってもおかしくない試合である。最後の局面、両チームとも最後の死力を出しつくしての熱戦!

そんなこの試合にも決着が付くときが来た。
試合を決めてくれたのは、

アイバーソン    と

ウェバー の二人であった。

 アイバーソンはこの最終Q、今まで以上に果敢にドライブインを試みた。疲れが出る終盤、好調である彼を止めるのは難しくファールの連発。そのフリースローを確実に決めていく。それで少しずつ着実にスコアを伸ばしていく。またウェバーも随所で、シュート・アシストなどでチームを引っ張る活躍。勝負強いベテランがその力を如何なく見せ付けた。
 一方のウィザーズも最後まで奮闘。アリーナス、ジェイミソン、バトラーの三本柱を中心に必死に抵抗。

しかし!試合終了。

結局、119-113 の僅差で76ersがこの好ゲームを制した。
ウィザーズも健闘したが、一歩及ばなかった。

しかし、ハイスコアな試合展開に加え、両チームとも高いレベルでの試合を疲労してくれた。全体を通してとても見ごたえのある試合であった。


ちなみに、この試合で活躍した選手についてもう少し詳しく見ておきたいと思う。


まずは、76ers

G アレン・アイバーソン

何といっても最初はこの人に尽きる。ほぼフル出場した彼はこの試合、常にゲームの中心にいた。最高のパフォーマンスを披露して「、改めてNBA屈指のプレイヤーであることを証明した。
 結局、47得点12アシストのダブルダブルを記録した。まさにこれぞ、エースといわせる活躍であった。

次は

F クリス・ウェバー

この試合、アイバーソンと並んで忘れてはならないのがこの男である。
終始、アイバーソンのサポートに徹しつつも、大事な場面場面で試合をコントロールしていた。
 彼も、30得点12リバウンド8アシストと、あと一歩でトリプルダブルをマークしようかという活躍ぶりであった。

F アンドレ・イグドーラ  19得点4リバウンド

この人も挙げておこう。特に、3Qの彼の活躍が試合に与えた影響は大きかった。


一方、ウィザーズでは

G ギルバート・アリーナス

 只今、絶好調の彼。この試合でもその調子のよさを存分に発揮してくれた。試合にほぼフルタイムで出場しながらも、高い集中力を維持したプレーにはもはや脱帽である。彼の奮闘がなければこの試合はおそらくワンサイドゲームとなってしまっていただろう。
 結局、33得点8アシスト4スティールとチームを牽引していた。


F アントワン・ジェイミソン

 この男もこの試合で自分の力を思う存分発揮してくれた。特に、ゴール下での存在感は圧巻であった。24得点15リバウンドの大活躍!

F カロン・バトラー

 終始、安定感のあるプレーをしていた。多少ターン・オーバーが見られたがチームに大きく貢献。
18得点12リバウンド6アシストと最高の仕事をしてくれた。

アントニオ・ダニエルズ  13得点4リバウンド

最後に、彼のことも少しあげておく。途中出場でこの成績はお見事。


 この試合は各選手が個々の最高のパフォーマンスを見せてくれた最高のゲームであった。


長くなってしまったが、これが俺の試合の経過・感想です。中々お目にかかれないようなハイレベルな試合を見ることが出来、幸運だった。

 なお、この試合のデータはテレビで試合を見て、アカミ個人が記録したものであり多少の間違いがあると思います。また、長文になってしまったため、誤字・脱字等もあるかと思いますが、それらはご了承下さい。

 それでは、長々とお付き合いいただいた方、本当にありがとうございました。これに懲りずにまたちょくちょく足を運んでくだされば幸いです。






また時間のある方はこちらも是非ご覧下さい。











 
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

アカミ
  • Author: アカミ
  • 大学生のバスケ馬鹿が開いたブログです。
    普段の日記やバスケに関する色々な話題を取り上げていくつもりです。
    バスケットが大好きな人はもちろん、そうでない人もぜひお付き合い下さい。

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

プロフィール

アカミ

Author:アカミ
大学生のバスケ馬鹿が開いたブログです。
普段の日記やバスケに関する色々な話題を取り上げていくつもりです。
バスケットが大好きな人はもちろん、そうでない人もぜひお付き合い下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。